服装について

素材を厳選

アトピー性皮膚炎に刺激は厳禁ですが、着ている洋服が原因となってかゆみを引き起こし、肌に刺激を与えてしまうこともあるので、着る物にも気を配りたいものです。
アトピー性皮膚炎の人が着る物を選ぶ場合に重要なのが素材で、素材によっては繊維が原因となって肌に異常を引き起こすことも考えられます。
また、服が原因となって引き起こされる静電気も肌トラブルの原因となるので、できるだけ排除したいものです。
さらに、下着を有効活用するのも大切で、綿や絹の下着を着用することで、洋服が体に触れるのを防ぐこともできます。
素材としては、ザラザラしたり、ゴワゴワしたものは避けるべきで、肌にすれて刺激を与える原因になることもあります。
新しい服を購入した時は、すぐに着始めるのではなく、何度か洗ってから着ることによって肌への刺激を軽減することができるでしょう。
素材の吸水性も重要なポイントになっていて、吸水性が十分でないと、肌に汗をかいた状態が続いてトラブルの原因となってしまいます。
また、当たり前のことですが衣服を生活に保つというのも重要で、どれだけ体を清潔に保っていても、衣服に汚れが残っていては本末転倒となってしまうのです。
特にダニ等には注意が必要で、これらが原因でいっきに症状を悪化させてしまうこともあるので注意しましょう。
このように考えればアトピー性皮膚炎の洋服選びはとても大変ですが、症状を悪化させないためにもしっかりと選ぶべきです。