入浴について

入浴法

アトピー性皮膚炎の人は、お風呂の入り方ひとつとっても油断できません。
アトピー性皮膚炎の対策として、肌を清潔に保つことは重要ですが、お風呂の入り方を誤ってしまうと、アトピー性皮膚炎を悪化させる結果になってしまうので注意しましょう。
アトピー性皮膚炎の人は、刺激に対して肌がかなり弱くなっているので、体を洗う際は刺激を与えないように細心の注意を払うべきです。
当然、肌を洗うためのシャンプーやボディソープ、石鹸などについてもこだわる必要があって、刺激の弱いアトピー肌でも問題なく使えるような製品を選びたいものです。
また、いくら刺激の少ないシャンプーや石鹸を使ったとしても、それを洗い残してしまっては肌の異常を引き起こす原因となってしまうので、しっかりと洗い残しのないようにすすぎましょう。
お湯の温度にも気を使いたいところで、38度から39度くらいのぬるめのお湯に浸かることが重要です。
あまり熱すぎるお湯にしてしまうと、肌の必要な脂までが奪われてしまい、かゆみの原因にもなってしまいます。
アトピー性皮膚炎の人がボディソープや石鹸を選ぶ際に一番注意しなければならないのがシャンプーで、シャンプーには化学物質が色々と含まれているものもあるので、注意しなければ肌の異常を悪化させてしまうこともあるのです。
このように色々ある入浴時の注意事項をしっかりと把握し、清潔な体を保つのに役立ててみてはいかがでしょうか。
正しい入浴法を知れば、入浴はリラックス効果なども得られるのでメリットは大きいです。