アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

アトピー対策をする前にアトピー性皮膚炎について把握しておきましょう。
アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹を伴うのが最大の特徴で、良くなったり悪くなったりを繰り返す症状です。
乾燥肌と体質が絡み合って起こる可能性の高い症状で、現在では20歳以下の10人に1人が発症する可能性があるというデータもある、現代人にとって関係性の深い症状だといえるでしょう。
次にアトピー性皮膚炎の原因について考えてみると、体質が大きく関係してくるといえます。
遺伝も深く関係していて、アレルギーを引き起こしやすい体質の人が家族にいるのならば要注意です。
また、乾燥肌の人はアトピー性皮膚炎を引き起こす可能性が高く、保湿成分やセラミドが不足しやすい体質なことから乾燥肌を引き起こすといわれています。
上のような状態の人は、肌のバリア機能が正常に働かないことが多く、そのためアレルギーの原因となる物質が肌に進入しやすくなってしまうのです。
ここに本来持っているアレルギーを引き起こしやすい体質が関係してきて、そのため乾燥肌とアレルギー体質という組み合わせでアトピー性皮膚炎が引き起こされます。
アレルギー体質、乾燥肌という状態の人でも必ずしもアトピー性皮膚炎を引き起こすわけでもなく、発症には個人差があるといえるでしょう。
環境に依存する原因の場合は、それを取り除くことで改善していく可能性も考えられるので、アトピー性皮膚炎について正しい知識を手に入れることは大切です。